デリケートなゾーンです

私も4ヶ月ぐらい前から実践している 方式だ。取り敢えず髪は若い頃から大切にしないと将来が怖い、という苦悩から所作に移しました。

今では全くという定着し、毛が高まるのが少なくなった意思もします。
方式はとても簡単です。お風呂に入る前に敢然と櫛を通し、ワックス等を含めた汚れを落とします。

次に両手を敢然と流し、爪が尖ってないかを確認します。爪が長かったり、尖っている場合は末端が丸くなるようにカットして、心労ならヤスリをかけるのも良いでしょう。
どうして爪を丸くしないといけないかと言うと、スカルプはかなりデリケートなゾーンですので外傷の元に繋がるような事は避けたいからです。

確立が整いましたら何とか洗いだ。洗いをワンプッシュしたら直接髪につけずに両手で伸ばします。

最初から泡で起きる洗いはしなくて大丈夫です。要は洗いのグループをもちまして髪に塗りつける事を避けたいだけです。

洗いを思い切り伸ばしたら髪一般に広めるように揉み込みます。しばらくすると泡立ってしまう。

泡立って来たら指の胃腸でやさしくスカルプを押します。爪を講じるのはNOだ。
揉み込みといったスカルプを圧すのを5パイほど繰り返したらシャワーで流します。気温は温かくないほどが良いだ。私の場合は40〜42℃ぐらいだ。

流れ終わったらコンディショナー等を塗る者はつけて、後湯船に入ると思います。
その時に手ぬぐいを1枚用意して高所に乗せます。そうして前方と同じように指で手ぬぐいの上からスカルプを押します。洗いの時と違うのは進度だ。手ぬぐいの上からはなるべく短く、対等たたくように押します。

10パイほど続けたら風呂からのぼり、敢然と髪を乾かしたら終わりだ。髪を敢然と干すのはバクテリアインパクトもあるようですので絶対に行ってください。アドエア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です